ママ閉店カフェを開催します!

ママ閉店カフェを開催したいと思います!

ことの発端は2018年8月に夫のTwitterが大きな反響を呼んだことです。

何気ない我が家の日常をつぶやいたこの投稿に対し、中には厳しい意見もありましたがほとんどが共感の声でした。

我が家での「ママ閉店」はいきなりシャッターを閉めて「こっちに来ないで!」と拒絶するものではありません。
「ちょっと休むね~」「しばらく休憩だよ~」とはいうものの、「ママ~」と呼ばれたら「はいよ~」と返事もしますし、「トイレ~」とか「〇〇して~」と言われれば行きます。
ただ同じ空間に居て「ママという役割」を脇に置いておきたい時もあります。

「閉店ガラガラ~」ができないママたちはとても多いと思います。
それは環境がそうさせてくれない場合もありますし、そもそも「子どもと自分を切り離して考える」なんて考えたこともない人もいるでしょう。

子育ては孤育てと言われることもあります。
特に子どもが乳児の場合、ママやパパがたった一人で子育てしている場合もありますし、子どものいる家族がレストランやカフェでの食事をためらってしまうこともあるなど、社会から孤立した状態で子育てをしている場合もあると思います。

自分自身が子育てをしている中で漠然と思っていた
ママと子どもたちが安心してゆっくり食事ができる場所を作りたい!
ママたちがお互いに「がんばってるよね!」と励ましあい認め合える場所を作りたい!
ママがママとしての役割をちょっと横に置いて「ママ閉店」できる場を作りたい!

そういう場所を「ママ閉店カフェ」として実現したい!

そんな思いは日に日に大きくなりました。

そして私が投稿したこちらのツイートが思いのほか共感数が多いので「ママ閉店カフェ」を開催するなら今だ!と思った次第であります。

「ママ閉店カフェ」というイベント名ですが、もちろんパパも参加できます。

来てくれた方、みんなに喜んでもらえるようなイベントにできるように、今、私自身がわくわくしながら準備を進めています。

ABOUTこの記事をかいた人

夫はフリーランスの看護師、妻は理学療法士の免許を持つ医療系夫婦です。 妻はガスケアプローチのインストラクターとして活動を開始します。 2012年生まれの女の子、2015年生まれの男の子、2017年生まれの女の子の3人のかわいい子どもたちがいます。 子育てだけでなくいろんな情報も発信していきたいです。 よろしくお願いいたします。。